デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法。原因を知って確実にケアしよう

デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法 デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法

デリケートゾーンは黒ずんだりせず、きれいに保ちたいですよね。

原因をしっかり知った上で、確実にケアしたいものです。

この記事では、デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法と、その原因についてしっかり解説します。

デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法は、実はとても簡単。

毎日の習慣を少し見直すだけで、誰でもできるものばかりです。

ぜひこの記事を読んで、今日から黒ずみ予防を実践してみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法

デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法って、実は結構たくさんあるんです。

ここでは次のような方法を紹介します。
  1. 身体に合う伸縮性のある下着を選ぶ
  2. 肌にやさしくムダ毛処理
  3. しっかり保湿
  4. 専用の石鹸でやさしく洗う
  5. 生理中はナプキンをこまめに交換
  6. 柔らかいトイレットペーパーを使ってやさしく拭く

身体に合った伸縮性のある下着を身に着ける

サイズの合った伸縮性のある下着をつける

デリケートゾーンの黒ずみを予防するには、自分に合ったサイズの下着をつけることが大切です。

下着のサイズや素材を「なんとなく」で決めてしまっている方は意外と多いのではないでしょうか。

しかしサイズが合っていなかったり、伸縮性がなかったりする下着は、摩擦を生じさせるため黒ずみの原因に。

デリケートゾーンの黒ずみを予防したいなら、家にメジャーがあれば鏡を見ながら自分で測ってみたり、下着屋さんで店員さんに計測をお願いしてみることをおすすめします。

緩すぎずキツすぎず、自分にぴったりな大きさの下着を知って、デリケートゾーンの黒ずみを予防しましょう。

カミソリは絶対NG!肌にやさしくムダ毛処理

カミソリは絶対NG!肌にやさしくムダ毛処理

VIOゾーンのムダ毛を処理するなら、デリケートゾーン専用のシェーバーを使うのが鉄則です。

腕・脚用のカミソリでデリケートゾーンのムダ毛まで剃っていませんか?

ただでさえカミソリの使用は、皮膚に刃物を当てているような状態。

「デリケートゾーン」と言われるだけあって、より繊細なVIOにカミソリを使うのは、もってのほかと言っても過言ではありません。

カミソリによって与えられる多大な刺激は、黒ずみの原因になります。

デリケートゾーン専用のシェーバーなら、ムダ毛をやさしく処理することが可能。

もちろん、毛を深剃りしない分、処理後の見た目はカミソリには劣ります。

しかし、肌は一生もの。

デリケートゾーンの黒ずみを予防したいなら、皮膚をいたわることを最優先にしましょう。

保湿をしっかりする

保湿をしっかりする

デリケートゾーンの保湿をしっかりすることも、黒ずみの予防に効果的です。

なぜなら、うるおいは肌を健康に保ち、皮膚のターンオーバーを正常化するから。

しかし、いざ保湿をしようと思っても、いつも使っているようなボディ用のクリームは避けたほうがよいでしょう。

敏感なデリケートゾーンには合わなかったり、かえって肌トラブルを引き起こしてしまうことも。

そうしたトラブルは黒ずみの原因になるので本末転倒です。

デリケートゾーンの保湿には、専用のクリームを使用するのが断然おすすめ。

しっかり保湿をして、黒ずみを予防しましょう。

⇒ デリケートゾーン専用クリームの選び方はこちら!

デリケートゾーン専用の石鹸でやさしく洗う

専用の石鹸でやさしく洗う

デリケートゾーンの黒ずみを予防するには、専用の石鹸でやさしく洗うことも大切です。

常に清潔に保っておきたいデリケートゾーン。

専用の石鹸なら、適切な洗浄力により、デリケートゾーンを綺麗な状態にキープできます。

また、やさしく洗うことで皮膚への刺激を軽減。

このように刺激をなるべく与えず、清潔なデリケートゾーンを保つことで、皮膚の炎症を起こりにくくし、黒ずみを予防することができます。

⇒ デリケートゾーンの詳しい洗い方はこちら!

生理中はナプキンをこまめに変える

生理中はナプキンをこまめに変える

生理中はナプキンをこまめに変えることで、デリケートゾーンの黒ずみを予防できます。

デリケートゾーンはおりものや蒸れなどにより、常に肌トラブルの危険にさらされているもの。

特に生理中は、経血が付着するので痒みや炎症を引き起こしやすくなります。

デリケートゾーンを清潔に保ち、炎症を予防して黒ずみの原因をつくらないことが大切。

でも、仕事中や学校にいるときは、何度もトイレに行くことが難しいかもしれません。

そんなときは、タンポンや月経カップを利用してみるのも手。

ナプキンと比べると交換の頻度も低く、また経血が皮膚につく量も圧倒的に少ないので、まめにトイレに行けなくてもデリケートゾーンを清潔に保つことができます。

トイレットペーパーを柔らかいものに変え、やさしく拭く

トイレットペーパーを柔らかいものに変え、やさしく拭く

徹底的にデリケートゾーンの黒ずみを予防するなら、トイレットペーパーを柔らかいものに変えてみるのも有効です。

トイレで用を足したあと、デリケートゾーンをゴシゴシと強く拭いていませんか?

そうした毎日の積み重ねが、デリケートゾーンの黒ずみを作ります。

排泄後は、こすらずやさしく拭きましょう。

少し値段は上がりますが、柔らかいトイレットペーパーを使うと、さらに刺激が抑えられ、黒ずみ対策により効果的です。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンが黒ずむ原因にはこんなものがあります。
  1. 女性ホルモン
  2. 下着のこすれ・摩擦
  3. 雑なムダ毛処理
  4. 乾燥
  5. お風呂でゴシゴシ洗う
  6. 分泌物による炎症

デリケートゾーンが黒ずむ原因をしっかり把握して、意識的に予防していきましょう。

女性ホルモンによる黒ずみは、対処できない

思春期になると、デリケートゾーンは女性ホルモンの関係で黒ずみます。

もちろん個人差はありますが、基本的にはすべての女性に起こる身体の変化です。

残念ながら、このような女性ホルモンによるデリケートゾーンの黒ずみは、対処することができません。

しかし、皮膚への摩擦や肌の炎症による黒ずみについては、習慣を見直すことで予防が可能。

デリケートゾーンの黒ずみは、対処できない原因もあることを知っておきましょう。

下着のこすれ・摩擦。黒ずみはメラニン色素の過剰蓄積

下着のこすれ・摩擦。黒ずみはメラニン色素の過剰蓄積

下着のこすれや摩擦は、デリケートゾーンへの刺激になり、黒ずみの原因に。

黒ずみは、メラニン色素が色素沈着を起こすことで発生したものです。

通常メラニン色素は、生成されても肌のターンオーバーとともに排出されていきます。

しかし、毎日の習慣などにより、皮膚に刺激が加え続けられると、メラニン色素の生成と排出のバランスが崩れてしまいます。

そうなると、メラニン色素が過剰に皮膚に蓄積されて、黒ずみとなってしまうのです。

下着は1日中身につけているものですから、第一の原因と考えたほうがよいでしょう。

雑なムダ毛処理

雑なムダ毛処理

デリケートゾーンの黒ずみの原因の一つが、テキトーなムダ毛処理。

ナイトプールなどの流行もあり、夏に水着を着る機会が増えたという方も多いのはないでしょうか。

水着からムダ毛がはみ出してしまうのは恥ずかしい……と自己処理をする際、カミソリで雑に剃ったりするのは黒ずみの原因となります。

なぜなら、カミソリでのムダ毛処理はデリケートゾーンへの負担が大きく、刺激となってしまうから。

メラニン色素の生成・排出のバランスが崩れ、黒ずみとなってしまうのです。

乾燥。お風呂あがりやウォシュレットに注意!

乾燥。お風呂上りやウォシュレットに注意!

皮膚は乾燥するとバリア機能が弱くなり、刺激にさらされやすくなります。

そうした理由から、乾燥はデリケートゾーンの黒ずみの原因となるので注意。

デリケートゾーンって乾燥するの?と思う方もいるかもしれませんが、お風呂上りやウォシュレットを使用したあとなどは、意外と乾燥しているものなのです。

意識してデリケートゾーンの乾燥に気を使うことが大切です。

お風呂でゴシゴシ洗う

お風呂でゴシゴシ洗う

デリケートゾーンをお風呂でゴシゴシ洗うことが、黒ずみの原因になってしまう理由は2つあり、1つ目は摩擦、2つ目は乾燥です。

デリケートゾーンを清潔に保つことは大切ですが、そのために力強くこすり洗いしてしまっては、かえって摩擦を生み黒ずみの原因となってしまいます。

また、洗いすぎることで肌に必要な油分まで流してしまうと、乾燥するので同じく黒ずみの原因となります。

自覚はないものの、実は力を入れ過ぎてしまっているという方は意外と多いんです。

デリケートゾーンを洗う時は、やさしすぎるかな?というくらいソフトタッチで行いましょう。

⇒ デリケートゾーンの洗い方や注意点はこちら!

経血やおりものが原因の炎症

経血やおりものが原因の炎症

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、経血やおりものなどによる炎症も当てはまります。

分泌物が多いデリケートゾーンは、炎症が起きやすいので、清潔に保つ心がけが必要です。

もし炎症が起きてしまったら、早めに病院に行くことも大切ですよ。

生活の改善でデリケートゾーンの黒ずみは予防できる

生活の改善でデリケートゾーンの黒ずみは予防できる

デリケートゾーンの黒ずみは、日常のちょっとした習慣を変えるだけで手軽に予防できます。

今日からさっそく実践できるものも多いですね。

ぜひこの記事を参考に、きれいなデリケートゾーンをキープしてみてくださいね。